一般整形外科

一般整形外科とは

一般整形外科

一般整形外科は、体の芯となる骨・関節などの骨格系、およびそれを取り囲んでいる筋肉や腱、神経系からなる運動器を診療し、その機能改善を目指す診療科です。例えば骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめ、肩こり、腰痛、膝痛、手足のしびれ、神経痛など、日常的によく起こる体の痛みや違和感などを幅広く扱います。

こうした症状の方はご相談ください

  • 肩が痛い、肩がこる
  • 腕が上がらない、無理に動かすと痛みがある
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩行時に膝が痛む
  • 怪我をしてから身体がよく動かなくなった
  • 関節などを動かすと痛みが走る
  • 手術後のリハビリテーション
  • 交通事故による外傷

腰痛

生物の進化の過程でヒトは二足歩行となったため、体重が垂直方向に強くかかり、上半身を支える腰には大きな負担がかかるようになりました。そのため、腰痛に悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。姿勢が悪い方、体幹や下半身の筋肉が衰えている方は、特に腰痛を起こしやすいので注意が必要です。腰椎椎間板ヘルニアなどの腰椎疾患による腰痛や、ストレスによる腰痛も少なくありません。また、内臓の重大な疾患が原因で腰に痛みが起こっているケースもありますので、腰痛を放置せず、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎は、いわゆる50肩、40肩とも呼ばれ、中年の方には広く見られます。肩関節周囲炎になると肩こりがひどくなり、関節の動きが悪くなって運動制限が生じてきます。動かした際の痛みと夜中の痛みが特徴的で、時には眠れないほど痛むこともあります。主な原因は、関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節周囲の組織に炎症が起きることだと考えられています。

頸椎椎間板ヘルニア

人間の脊椎は骨が積み木のように重なって構成されていますが、脊椎と脊椎の間をつなぎ、クッションの役目を果たしているのが椎間板です。一部の椎間板が本来の位置から飛び出して神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれをもたらしている疾患を椎間板ヘルニアと言います。そして頸椎の椎間板に生じたヘルニアが頸椎椎間板ヘルニアです。

ばね指

  • ばね指は、手の指の付け根に痛みが出たり、指が曲がったまま戻りにくくなったりする疾患です。女性に起こりやすく、仕事などで手をよく使う人に発症しやすいと言われています。腱鞘炎を繰り返している方は、ばね指になりやすいので注意が必要です。
  • 私たちが指を動かせるのは、腱が筋肉の動きを骨に伝えているためです。腱は腱鞘と呼ばれる鞘に包まれていますが、この腱鞘が炎症を起こして肥大すると、腱が引っ掛かってしまい、痛みを起こしたり、指がスムーズに動かなくなったりします。ばね指は全ての手の指に起こる可能性がありますが、多くは親指・薬指・中指などに起こります。症状が痛みだけであれば注射で改善を試み、それでも治らなければ手術を検討します。
診療内容
一般整形外科・関節外科・骨粗しょう症・スポーツ整形外科・小児整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・再生医療
所在地
〒156-0052
東京都 世田谷区経堂4-18-1
電話番号
03-3426-4970
アクセス
小田急線千歳船橋 徒歩1分
駐車場
4台完備
駐輪場
入り口の前に駐輪いただけます。
休診日:水曜午後・土曜午前・日祝日
※◎土曜日:14:00~18:00
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:30~18:30
PAGE TOP
  1. tel.03-3426-4970