小児整形外科

小児整形とは

小児整形
  • 小児整形外科は新生児を含む子どもを対象とした小児専門の整形外科です。子どもは大人を小さくした存在ではなく、日々急速な成長を遂げており、成人とは異なった視点から治療を進めていく必要があります。小児整形外科では、こうした特殊な状況にある子どもの病気やけがを、成長過程をよく踏まえながら治療し、後遺症などが残らないように配慮いたします。
  • 当院は、お子様のあらゆる怪我・痛みに対応いたします。骨格や筋肉が成長過程にあるお子様の状態を見極め、必要な治療を行います。お子様は症状をうまく伝えられないことが少なくありませんので、「普段と動きが違う」、「左右で動きが違う」、「歩き方が少しおかしい」など気になる点があれば、すぐにご相談ください。

小児整形の主な疾患

O脚

O脚は、両膝が外側に開き、がに股のようになった状態です。通常、2歳くらいまでは軽いO脚の状態なので、その時期にO脚となっていてもほとんど心配はいりません。しかし、歩き始めた頃になってもO脚が目立つようなら、クル病の疑いもありますので、整形外科を一度受診すると良いでしょう。

X脚

X脚は、両膝が内側に弯曲し、左右の膝の内側をそろえても左右の内くるぶしが接しない状態です。両足のくるぶしの間が開いて両脚がアルファベットのXのように見えます。通常は2歳頃からX脚となり、7歳頃には成人の脚になってきますので、7歳以降のX脚には注意が必要です。

先天性股関節脱臼

先天性股関節脱臼は、先天的に股関節が不安定で、そこに何らかの原因が加わって股関節が外れたり、ずれたりして脱臼を起こした状態です。男児に比べ、圧倒的に女児に多く見られます。足を動かした時にポキポキ鳴るとか、歩き始めが遅く、足を引きずるようにしている場合などは、脱臼の疑いがあります。足の長さに左右差があれば、注意が必要です。

オスグッド病

オスグッド病は、脛骨結節部が徐々に突出してきて、痛みを伴うようになる疾患です。膝の下部が赤く腫れたり、熱を持ったりもします。通常は安静にしていることで痛みは消えますが、激しい運動を始めると再発します。発育期のスポーツ少年・少女に多く見られます。

若木骨折

若木骨折は、まだ骨の軟らかい子どもに多く見られるタイプの骨折です。患部がポキリと折れず、千歳飴が曲がったような状態になります。手首の骨折によく見受けられます。外から見て手が曲がってしまっていても、触らなければあまり痛がらないことも多いようです。しかし、骨端線の部位を損傷すると骨の成長が止まったり、変形を来たしたりすることがあるので注意が必要です。

診療内容
一般整形外科・関節外科・骨粗しょう症・スポーツ整形外科・小児整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・再生医療
所在地
〒156-0052
東京都 世田谷区経堂4-18-1
電話番号
03-3426-4970
アクセス
小田急線千歳船橋 徒歩1分
駐車場
4台完備
駐輪場
入り口の前に駐輪いただけます。
休診日:水曜午後・土曜午前・日祝日
※◎土曜日:14:00~18:00
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:30~18:30
PAGE TOP
  1. tel.03-3426-4970