スポーツ整形外科

スポーツ整形外科とは

スポーツ整形外科
  • スポーツ整形外科は、文字通りスポーツに起因する外傷や障害を治療する専門の診療科です。スポーツによる怪我は、一般の整形外科で行う治療とは異なる点がありますので、別途このような診療科が設けられました。
  • スポーツには、大別して競技スポーツと生涯スポーツがあり、特に記録の向上や競技会での優勝などを目的とした競技スポーツは深刻な怪我や障害が起こります。大会などで好成績を収めるには、現在の運動機能をさらに高める必要があるので、ついつい無理をしてしまうケースが後を絶ちません。そのため、スポーツ整形外科を受診し、怪我を予防するためのアドバイスを受けておくことも大切です。なお、当院では、競技スポーツで生じた障害を中心としつつ、健康維持を目的としたスポーツで生じた怪我などにも対応しております。

スポーツ障害から子どもを守ろう

当院は部活動に取り組む子どものスポーツ障害にも力を入れております。毎日の激しいトレーニングは、気づかぬうちに慢性の障害を引き起こし、将来にわたる障害となることがあります。お子様が痛みや違和感を訴えたり、動きがおかしかったりする時は、放置せずに、早めにご相談ください。

スポーツによる怪我

  • 突き指
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼
  • ねんざ
  • 切り傷
  • 靭帯損傷
  • 腱断裂
  • ふくらはぎの肉離れ
  • キレス腱断裂
  • 野球肩
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • ランナー膝
  • テニスレッグ
  • 半月板損傷
  • 疲労骨折
  • アキレス腱周囲炎
  • シンスプリント など

スポーツ外傷を予防するには

十分なウォーミングアップ
運動前にしっかりとウォーミングアップを行います。これにより、関節や筋肉の柔軟性が高まり、運動中の激しい動きにも対応しやすくなります。
正しいフォーム
間違ったフォームでスポーツを行うと、筋肉や骨に無理な過重がかかり、筋肉損傷のリスクが高まります。そうならないよう、正しいフォームを身に着けることが大切です。
適度な水分補給
運動時は汗をかきやすくなりますので、体内の水分が失われていきます。そのため、集中力が低下し、怪我をしやすくなります。運動前の水分補給とともに、運動中も必要に応じて水分をとるようにして下さい。
適度なトレーニング
一般的には、筋肉などに負荷をかけることで運動能力が向上していきます。しかし、運動のやりすぎは、かえってトレーニング効果を下げるだけでなく、骨折などのリスクを高めてしまいます。運動中に苦痛を感じたときなどは、運動強度を下げたり、休息をとったりするようにして下さい。
運動後のクールダウン
運動を行うと、体の中には疲労物質が溜まっていきます。また、運動による負荷や衝撃により、筋肉や血管などの組織も部分的な損傷を受けているのです。こうした損傷は、代謝を高め、筋肉などを活性化する大きな効果があるのですが、適切にクールダウンさせないと、逆にスポーツ障害を引き起こしかねないのです。運動前のウォーミングアップと同様、運動後のクールダウンも忘れずに行いましょう。
診療内容
一般整形外科・関節外科・骨粗しょう症・スポーツ整形外科・小児整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・再生医療
所在地
〒156-0052
東京都 世田谷区経堂4-18-1
電話番号
03-3426-4970
アクセス
小田急線千歳船橋 徒歩1分
駐車場
4台完備
駐輪場
入り口の前に駐輪いただけます。
休診日:水曜午後・土曜午前・日祝日
※◎土曜日:14:00~18:00
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:30~18:30
PAGE TOP
  1. tel.03-3426-4970